他人の目
昨日、会社の後輩に
「前は少しうそ臭かったけれど、最近の泣きの演技は磨きがかかってリアルですね」
褒めているんだかバカにしてるのか(笑)まあ後者でしょ。

特に電話での会話の場合、不満を募らせる相手に対して
話の内容はともかく、「相手の仰るとおり」という姿勢をだしていかないと
話はまとまりません。だけどそれをストレートに言葉に出しすぎると
うそ臭くなるので、声のトーンで調整するのです。それだけなんですけどね。


初めて会う方に家族のことを話すと
「ええええっ!そんな大きなお子さんがいるなんてシンジラレナイ・・・」
この背景には
①若づくりしてる。職業柄しかたないけど
②服装がチャライ
③喋りが軽い
があるそうです。(何人かに聞いてみました)

これは認めざるを得ませんな(爆)



「さくたろうさんは多趣味」
確かに年間30試合くらいサッカー観にいき、音楽が好きでいきなり
ドラム習い始めたり、マラソン大会でてみたり・・・・・
浅く広くテキトーに自分のために動いてるだけですけど。



「マラソンしてるからだにみえない!」
大きなお世話です(爆)
それなりに走っているのでお尻からしたはかなりすっきりしてますが
その上は・・・・・・・・・
腕立てとか腹筋。どうも続かないなあ・・・が理由です。

以上、さくたろうの本質に迫る(笑)その1でした!
[PR]
by sakutaro9 | 2009-09-12 08:41 | 日々書殴
<< 走る男2 再会そして・・・ >>