「クリマスイヴ」に「駅」にて
とあるターミナル駅。その夜はまさにごった返していた。
10:58
ふたりはホーム向かっていた。手は繋いでいない。

女「ワタシ、方向オンチだからいっつもホーム間違えちゃうんだよね・・・」
とつぶやき
男のダウンジャケットの袖をつかんだ。

そんなことされたら
「惚れてまうやろおおおおおおお」

ふたりはエスカレーターを駆け上がりやっとホームに着いた。

女「でも、方向違うんだよね・・・・」
少し目を伏せながら男に言った。

そんなことされたら
「惚れてまうやろおおおおおおお」

先に女が乗る電車が軽く汽笛を鳴らしながら入ってきた。

女「じゃ乗るね。また会えるよね」
やっぱり
そんなことされたら
「惚れてまうやろおおおおおおお」

男は何度か見送る為に手を振った。
そして言葉を伝えたかった。
でも女の前にいた乗客がやはり自分を見送る人と
大声で話しているので男の声は伝わらない。
そしてすぐにドア閉まった。
女はガラスまで近づいてやっと男の目を見つめた。
そんなことされたら
「惚れてまうやろおおおおおおお」

電車はゆっくりとホームを離れていった。

これは恋の始まり?それとも・・・
[PR]
by sakutaro9 | 2009-12-23 16:37 | 日々書殴
<< 勢いで……… さよならは悲しい言葉じゃない・・・ >>