魂の男!ゴンちゃん!!
ブログに選手のことを書く時迷うことがあります。
例えば栃木SCの岡田佑樹選手の場合、このように選手と書くのか
それとも岡田くんと書くのか?
前者は固いけれど一ファンとして敬意を表す意味はあります。
一方前者はファンとして親しみがこめられています。
最終的にはその時の気分になってしまうのです。
今年からキチンしなければなりません。私はA型なので!
(あんまり関係ありませんか?・・・)

今年からの中山雅史選手も迷うところですね。なんと言っても
2010年コンサドーレの「キーマン」であることは間違いない。
私のところでも頻繁に登場していただかないと困ります。
さあ、どうする?




私はもう四半世紀以上前、神奈川のとある山のふもとにある
ガッコウに通ってました。スポーツでは数々の有名選手を輩出し
そうゆうイメージのところですが、私の場合はフツウに入学し
フツウに過ごして、今のところ人生の中で一番楽しかった時期ですかね。

田舎から出てきてほとんど良くわかっていない状態で
知り合った友人と共にある文科系のサークルに入りました。
そこの先輩でサークルの代表だったのが年末にコメントを
頂いた はやたろーさんです。
当時、いつもとてもフランクに話してくれるのですが、一方で活動のことや
基本的な礼儀については厳しく、とてもお世話になった先輩です。

5年ほど前に再会したときもお変わりなく、楽しく話をさせて
頂いたのですが、びっくりしたのは「ジュビロサポ」であり
熱烈な「中山サポ」だった事です。その時はほかにも先輩達が
いらしたので、サッカーのことはあんまり話せませんでしたが
あとでブログを拝見すると熱さと深さが伝わってきます。
この中では「ゴンちゃん」と表現されてます。





もう一人。
そのガッコウの同じ学年の仲間とは卒業後3、4年は定期的に行きつけの店で
飲んでまして、その時だけは「学生気分」に浸っている時期がありました。
みんな地方に引っ越したり、結婚などなど「人生の中で変化」があると
少しずつ会う間隔も長くなっていくものの今もそれは続いています。

さらにその中に「サッカー部」があり、私以外にFC東京サポ夫婦。
甲府サポがいるのですが、さらにもう一人がなんと「中山サポ」なのです。
2007年シーズンあたりから、別のジュビロサポの皆さんと磐田にも
よく参戦しているようです。

入団記者会見が行われた日彼女からメールが入りました。
やっぱり「ゴンちゃん」のことよろしく!との内容です。

まあ、すでにちょうしこいて私も「ゴンちゃん」と書かせてもらっているので
それでいくことにします《爆》

それにしても、
「世の中に偶然なんてない!すべて必然なのだ!」おっしゃる方もおりますが
不思議な感覚です。何十年というスパンのなかでこんな縁があるんだなあと
つくづく想います。

勿論せっかくゴンちゃんがつなげてくれた「縁」ですから
気合を入れなおして応援していきます。
[PR]
by sakutaro9 | 2010-01-09 16:50 | コンサドーレ札幌
<< イベントかあ 一応振り返らないと② >>