蹴球に入魂してますか?
今年のスカパー中継ではハーフタイムにオシムさんのコメントが
流れます。興味深い言葉が多く考えさせられますが
特にキツイのがあります。

「日本人選手はプレーはしているがサッカーはしていない」



ウチの近所では最近でも娘や息子つながりで近所の子供たちと
わりと気軽に話せます。そのなかに小学校からの少年団でサッカーを
やっていて中2になった今でも部活で続けている子がいます。
この間の土曜日、久しぶりに彼に会いビックリ・・・・
完全にポッチャリ体型だったのが半分くらいにやせて
「ガッシリ」に発展途上な感じでした。

実は地元の中学。去年の4月までは市の大会でほぼ一回戦敗退だつたのが
秋の大会では決勝まで行き残念ながら準優勝だったのです。
要因は指導者。甘甘だった状況から一気に練習内容をかえ練習試合を
増やしたことで強くなったようですが、それだけ引っ張る力が
この方にあったからできえた事。このことで彼のボディは変わったといえるでしょう。

となると状況はいっぺんに変わります。昨年までは本気に上を狙う子達は
部活には入らずクラブチームに入っていました。ところが今年からは
部活でも上を狙える指導を受けられるので少年団から中学に上がる子で
クラブチームに入る子は今年ゼロのようです。

当然熾烈なポジション争いが繰り広げられるはずです。
まさに「壁」であり「岐路」でしょうね。

テクニックと度胸がありや気持ちが強くても
自分が超えてきた壁や選択した道を理解してこそ
「自分のサッカー」である。私はそう想います。

メッシだって少年時代はイロイロありあそこまで登りつめたわけで
そのなかで「自分のサッカー」を作り上げてきたはずです。
それは彼個人は主体であるものの親や指導者などまわりの
目に見えないサポートがあってできるものなんだと思います。

今の日本にはそうゆう土壌ができていないのでしょうか。


ものすごく小さなことかもしれません。でも私は近所の彼を
応援しに行くつもりです。地域の中でそうゆう「気」を作ることも
大人の責任かなと・・・
[PR]
by sakutaro9 | 2010-04-08 22:24 | 蹴球見聞録
<< ふと想う・・・フットボールのそ... スケジュール >>