悩める札幌 悩める日本?
今日の函館での試合
両者、気持ちの入った良いゲーム・・・・というのが
大方のコメントだと思います。点を取れてしかも追いついてだし。
もちろん、私自身そうゆう気持ちは90%ありますよ。
内村やケンゴの気持ちはわかる。

残り10%がねえ・・・・

そのもやもやしてしまう原因はワールドカップ。

韓国の攻撃陣のアグレッシブさ

アルゼンチン ベロンの「渋い」仕事。裏方でも確かな仕事。

アルゼンチンや韓国の個々の選手の力はいうまでもありません。
やはり、いざ攻撃となった時のポジションやその入ってくる人数。
守備に戻るときのすばやさ。パスの精度・・・
明らかにふだん観ているサッカーとは違いますから。

明日の日本代表にいまさら求めるの酷だけど
オシムさんが言うとおり、インテルの選手みたいに
しつこく、しつこく、プレスかけて
DFの穴を見つけたときにそこにつけいる・・・

ともかく、時間も時間なので眠気に負けてしまうような試合は
勘弁してほしい。
[PR]
by sakutaro9 | 2010-06-13 21:05 | 蹴球見聞録
<< なぜVネック? うらめうらめうらめ >>