なぜVネック?
今深刻な病を患っております。
といっても、少し前に書いた体調が悪い話ではありません。

「W杯依存症」

ウチの場合、私以外は世界的ビッグイベントだろうが
なんだろうが、サッカーに興味がありませんので
もっぱら和室においてあるちいさなアナログテレビで
酒飲みながらひとりで観てるわけです。

8:30と11:00K.Oの試合を観るために
ハーフタイムで風呂入ったり、飯くったり・・・
まあ、仕事もしてますので(笑)携帯のぞきながらとか
してます。ただ困ったことに3:30からの試合に
「そそる」のが多いじゃないですか。となると就寝前に
どうにもきになったまま寝床に入りますと、目が覚めてしまうんです。
で、やっぱりTVのスイッチをつけてしまい、そのまま途中で
落ちてしまう・・・・・そんなのが続いております。


スペインの敗戦、メッシの凄さ、そして日本の勝利!
まさにサッカーの醍醐味満載だからね。


昨日のドイツvsセルビア
クローゼの退場自体かなり酷な判定でした。
ポドルスキーのPK・・・その後の不調。
セルビアには何の恨みもありませんが
私のこころはドイツ人(爆)でしたね。
なじみの選手が多いこともありますがそれより
ヘロヘロになりながら点を取りにいくシーンを
見せ付けられたことが一番の要因です。


さあ、今日は運命の決戦。
誰も難しい。いや勝てないと想う試合です。
「現実論」vs「精神論」です。簡単に言うと。
前者で言えば1-0で負けでもやむなし。
負けを前提に失点が少なくさせることに集中するのか。

後者で言えばボランチと田中&中澤が吐くまで
プレスをかけ続け、ボールを持たせて水際でシュートを防ぐ。
後はカウンター&FK CKで点を狙う。

言葉で書くと簡単ですが、監督が意図した戦術を11人が
どれだけ表現できるか?その前に前後どちらを選択するか?

まあ、さらに現実的に言うと、
失点するまで後者
失点したら前者
となるのでしょうか??

中途半端だなあ・・・
地力のないチームの宿命なのかもしれません。

興味のあるなしにかかわらず、土曜日ということもあり
日本中の多くの家では某局の絶叫といつもの二人の解説者が喋り倒す
CM挟みながらの中継を観るのでしょう。
(某渋谷のTV局のアナウンサーの失言が波紋をよんでますが・・・・)

さあ
私もジャパンブルーのゲームシャツで応援だああ
なぜか
2 AKITA
とプリントされてますが

何か?



ちなみに昨日のドイツの監督とコーチが
おそろいのVネックというかカーディガンだったのが
とても不思議で理由をお聞きしたい気分です。
[PR]
by sakutaro9 | 2010-06-19 09:27 | 蹴球見聞録
<< チョー現実的 悩める札幌 悩める日本? >>