去る人のために
この選手のblogはめったに更新されません。

ただ、更新されたときの文章は短いのに心に残るのです。

廣山 望

サッカー選手として「ついていない」のかもしれません。

フランスから日本に戻ってからコンサドーレの対戦相手として
観たとき、明らかに上手くここぞという時早く、いやらしい印象は
ないものの怖い存在であることは認めざるを得ない。
さらに、それまでのすばらしいキャリアであることは間違いない



もう一歩な感は否めない。

一方で南米の子供たちのため慈善活動や海外のチームメイトとの交流している姿が
更新の少ないblogから読み取れます。

勝手な考えだがサッカーという道を歩みつつ自分のやりたいこと
やるべきこと着実にやってここまできた。

年齢的にも厳しい時期だけどこうゆう人が
日本のサッカーを引っ張っていくことを
見守り応援するのがサッカーファンの役目だと想います。




岡田佑樹


もう彼も27。サッカー選手としての第一関門の時期。
でもサッカー続けるといっている。
それだけでいい。
2011年がとても楽しみ。


西 大伍

まずは50人に選ばれたこと
おめでとうといいたい。
札幌を離れることになりそうですが
コンササポは君のブルーのユニフォームを
観ることで元気になれるはず。
[PR]
by sakutaro9 | 2010-12-07 21:22 | 蹴球見聞録
<< Jリーグの経営学(完全パクリ?) 壁 >>