この期におよんで
昨日の試合後ゴール裏の映像を観た。

まあ、こうなっちゃうことは仕方ない。
河合の気持ちはわかるし、思わず大人気ない言動になるのは当然。
サポがきたない言葉を投げかけたとき黙ってられないときはある。


もうここまでになると、選手もどうしたらいいか全くわからなくなっている。
高校生にも負けるかもしれない。

2005年頃から私は「なんでもいいからJ1にあがれ。上がってしまえば
なんとかなる」と思い込んでいた。2008年にしても今年にしても
それが「完全な間違い」であることが証明されてしまった。
チームとして総合力がないのに上がってもJ1では勝てない。

さらに今のJ1はガンバ、鹿島があの位置。
時間をかけてチームを作った広島、仙台があの位置。
過去の勢力図はまさに過去のもの。

じゃあ札幌はどうしたらいいか。
簡単に言ってしまえば、広島、仙台に習えということ。
やり方はどうあれ、チームとしての総合力が上がれば
時間がかかっても成果はでるはず。

監督と選手のポテンシャルはお金がないので期待できない。
ただいずれも「のびしろ」を期待できる人材が必要だし
それを追求するHFCの真価が問われる。

となるとHFCの中枢が「サッカーとビジネスをよく知っている人材」
にするしかない。
誰がイニシアチブを握るのか。そこからか。

今は選手、監督、スタッフ、サポーターが何ができるか
結果は関係なく実践する時期。シーズンが終って
次に何ができるのか。できないと思えば来年、赤黒には関わっていない。
[PR]
by sakutaro9 | 2012-09-23 10:20 | コンサドーレ札幌
<< みんなが書いてないようなこと 久しぶりの代表戦 >>