カタルシス・・・
d0010257_10285057.jpg


d0010257_1032575.jpg


本来なら、音楽作品や文学作品に感情移入すること
そこから快感を得ること表す言葉のはずだが
昨日の仙台スタジアムで繰り広げられた「ストーリー」に
その場に居合わせた赤黒サポーターはまさに
そのカタルシスを感じたはず・・・・

ゲームの入り方は実に良かった。
左サイドから崩していってセンターにいた清野は
相手をかわし、一度は阻まれたものの再度右足から放ったシュートは
ゴール左隅に吸い込まれた。

ただのその後が良くない。
J’sゴールの金子のコメントにもあるように
守りの意識が強くなり、どうしても引き気味に。失礼ながら
コメントの主が消えていたのは明白であった。
西谷にしても、期待しすぎだった感はあるものの物足りない。
一方、田畑、FWながらデルリスの献身的な「走り」が
チームを支えていたのかもしれない。

試合後の仙台サポからの罵声コールが鳴り響いた訳だが
コンサは少なくても3失点を救われた。
ファウルやオフサイド判定に??が付きまとい。
池内のレッドで10人に。
J2における審判のレベルが低いといってしまえばそれまでだが・・・

結果、昨日のストーリーの結末は納得がいかないわけでもなく
怒りを感じるわけでもなく、喜びも感じることもできなかった。
1-1にされて2分後に2-1とした時のアドレナリンが分泌しまくり感は
その15分後にはすっかりなくなっていた。

確かに今のコンサに3位になる「資格」はないのかもしれない。
でも資格がなくても上にあがることできるのが「勝負の世界」
なのだと私は信じている。
他力本願ではあるが今日の鳥栖vs甲府の勝敗如何で
「上への可能性」は高まる。
12月10日まで戦う気持ちは持ち続ける。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-10-30 10:31 | コンサドーレ札幌
<< ETC 続報 ETC 多分長い戦い >>