90分後の溜息
大宮vs広島
J1リーグ戦が休止する前のゲーム。
守備重視vs攻撃重視
チームの方向性がはっきりしているこの2チームが
どんな戦いをするのか。観るべきところが
はっきりしているはずだった。

前半は一応様子を伺っているのか、激しいあたりが
みられない。なんとなく力を抜いているとしか
思えない。
特に大宮FW森田がシュートを放ち
GK下田が弾いたのもかかわらず、その時
頭を抱えていたので、弾いたのを見逃したシーンは
明らかに「おかしかった」
藤本がチャンスを作れない。ロングボールばかりで
中盤にボールはまわらない。

広島にしても東京V戦でみせた、怒涛の攻撃が
まったくない。ベットの中央突破も見ることは無い。
前線の選手達も鋭さを感じない。

両チームとも「ゆるさ」が蔓延している。

厚別でコンサドーレ札幌が不祥事後の
新たな一歩を踏み出すべく勝利した頃
携帯でそれ観ながら、約2名の
Jリーグ好きの親父がなんとなく
不機嫌な顔をしていた。

後半、流石にこのままでは終わらないはず。
大宮は桜井がサブにいたので、広島が組織力で
1点とった後に大宮が逆襲するのを期待した。

まさに「絵に描いたもち」

何せ、このゲームでイエローカードは1枚
それも危険なPLAYからではない。
フットサルをやっているわけなので
もう少し何とか成らないのか?

予想とおり桜井が入ってから明らかにゲームは
動いた、彼はフェイント&ドリブルを駆使して
広島を翻弄した。

そしてロスタイム。
大宮ゴール裏は勝利を期待して
コールリーダーは叫んだ!
「今日は絶対勝って帰ろうぜ!!」

その瞬間・・・・
大宮GK荒谷は、ゴールマウスで茫然自失・・・

広島サポ以外はなんとも言えない気持ちで
スタジアムを後にした。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-05-15 20:22 | 蹴球見聞録
<< やったね!2連勝。行くぞ3連勝! さて、いろいろありましたが >>