正しいTV中継
CZさんに影響されて私もTV中継がらみで。

10年以上前、東京の文化放送は巨人戦を放送している他局に
対抗すべく、新しい方針を出した。
西武戦の放送権を得て「はっきり行ってライオンズ贔屓」と
銘打ったのである。これはもうその名の通りで
徹底的に西武を褒めちぎり、相手チームをけなす。

とくに戸谷 誠アナ(古館 伊知郎氏が実況の手本にしていた)は
その真骨頂で、相手の選手がホームランを打つと
「この罰当たりめがぁぁ!」と絶叫するのである。
かなりエスカレートしていたので、ゲームの内容は軽視され
もうスポーツ実況とは言えなく、
エンタテイメント化してしまったのは言うまでもない。
確かに数字は取れる、でも西武ファン以外には雑音以外の何者でもない。

結局2~3年続いたが、その後は通常に戻った。
聴取率を上げるための作戦のひとつに過ぎなかったかもしれない。

サッカー実況は野球と違って、「間」がないため
これをやったらどうなるのか?

実際、テレビ埼玉でやるREDSの中継はこれに近い。
例えばアナ、大野勢太郎(元NHK相撲実況アナでレッズ贔屓ラジオ・パーソナリティ)に
解説が福田正博氏の3人だと、福田氏まったくしゃべれず、
「ダブル実況」になってしまうのである。
まったく「じゃべられっぱなし」で疲れる、疲れる・・・

私が一番求めているのは、「ゲームの流れが明確に解かる実況」と
「そのゲームでの技術、ルール解説」なので、私でも知っている
情報(新聞やTVで放送されていること)や
誰でも言える解説(前で戦えとか)はいらないのである。

だから、最近の代表戦はTVの音を消して、ニッポン放送のラジオ中継を
聞くようにしている。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-04-17 20:28 | 蹴球見聞録
<< 蹴馬鹿の憂鬱 画像はどうなる? >>