最後のレース
私の場合、どうゆうわけかランニングに関する
雑誌や本を積極的に購入して読む気にはなれない。
気が向いた時に立ち読みや図書館で目を通すくらいだ。

去年の9月頃の話だ。
日曜日の昼下がり受験生でごった返す図書館で
「ランナーズ」を斜め読みした。

大会に出場してその感想がたくさん書かれていた。
多くは
「3回目の挑戦でやっとフルマラソンに完走できた」
「応援してくれた家族といっしょのゴールができた」
そんな感動的な話なのだが・・・

「人生最後のフルマラソンなので完走できてよかった・・・60代 女性」

この一文を目にしたあと、なんともいえない気持ちになった。
前後にいろんな事情があるのかもしれないので
なんともいえないが

たかが趣味のランニングじゃないのか?

そんな気持ちで走って楽しいのか?

人生のために走るなんてナンセンス?

そんな言葉が頭をよぎる

じゃ、お前は何のために走るの?って問われたら・・・・

今、答えはでない。

いや、出すつもりがないのかもしれない。

もっと

もっと

走ったあとに答えをだしたくなるかも。
[PR]
by sakutaro9 | 2006-03-07 22:55 | 走思録
<< 前向きに ロスタイム恐怖症 >>