まさに快勝!!
関東&東北は梅雨真っ只中。週間天気予報では
降水確率が高かった。さいたまを出発する時も
途中の高速道路周辺もずっと鉛色のそら
ところが・・・・

d0010257_12164914.jpg


いい天気じゃないですか!(ピッチは暑そうだけど)
相変わらず、完全AWAYな雰囲気は変わらないが
先日の「N島ありえないPKやり直し」事件の時に怪我をした
ベガルタの白井選手に対する暖かいコールがスタジアムに響いた時
なんだかとても感動した。

d0010257_1221976.jpg


そしてキックオフ!
ゲームの入り方はとてもよかった。
すがさんは「仙台が最初は攻めさせているのでは??」と言っていたが
どうも、主力が欠場する中11人の意思統一がとれてなかったようだ。
(今の日本代表にも、ズバリあてはまってますが)
それでも、いつも通りリャンや萬代などの飛び出しは脅威だった。

でもそんなネガティブな想いが断ち切られる瞬間は以外に早く来た。

中盤からボールを持った西谷がすぐにドリブル。
少しスピードを緩めた時にフッキが追い越しボールをもらう。
1度シュートは熊林に当たったが、フッキの足元に戻り
そのまま振り切った!高桑が反応したもののそのままゴールへ・・・

やっぱり先制はうれしい!!

両チームともによく走り、ハードな展開が続き前半終了。

解説のすがさんからは
「マンマークが出来ていて相手FWをつぶしている」
「ディフェンスラインが高く維持できている」
「先制点はまさにJ2らしい(笑)カウンター」
そんなコメントも。

後半は恐らくスタミナ勝負になると予想したが
みんながんばりましたね。
やはりオシムが言っていることは正しい!
そんなすばらしい走りから
石井→フッキで2点目
この2人は前節からピッタリ合ってきた。

その後「神が降りて来た如く」林がスーパーセーブ(褒めすぎ)を
連発し、曽田&池内の「ありえないミス」もなくラインをあげて
守備が出来て・・・ホイッスル・・・

歓喜!それだけ!

d0010257_12514832.jpg


今回は往復10時間近い旅であったが、楽しい時間というのは
瞬く間に過ぎてしまうものだと改めて感じた。
そして帰りのバスではに仙台サポの方にも
声をかけてもらい、明るく会話することも出来た。

2001年11月からコンサを追いかけ、スタジアムに行ったが
こんなすっきりした気分になれたのははじめて。

コンサドーレに関わるすべての人たちにいまさらながら言いたい!
「昨日はお疲れさまでした!そしてありがとう」
[PR]
by sakutaro9 | 2006-06-18 13:02 | コンサドーレ札幌
<< もう祈るだけ 小ネタを3発 >>