突きつけられた現実
京都 vs 札幌
2-0


試合後、美濃部監督からコメントからも
「いいサッカーは出来ていない。これから練習していかなければならない」
って内容だった試合。

でもそれはそっくりこちらにもいただきますってところで
やはり、パウリーニョのポジション、FWとしての嗅覚。
アンドレのパス&ゴーの徹底。
森岡の頑張り・・・・
などなどがあったからこその勝利であった。

コンサドーレはブラジル人がフィットしていない・・・
といえばそれまでだが、それ以前に体調が万全ではなかったような気がしてならない。
TVからだと、ブルーノは元気なさそうに見えたし。

いいクロスが入っても決まらないのは昨年からの課題だから
それこそ練習してもらうしかないが
体調とかモチベーションとかは練習どうのこうのではないしなあ・・・


そんであえてよかったところ。
砂川&西谷
特に大塚が入ってからは、いいリズムになって
点が入りそうな気がしてきた。

石井&藤田
短時間だったが、攻撃は仕掛けられたのではないか?
あれを続けていけば近いうちに結果がでるのでは?

ブルーノ
大塚が入ってからの陣形のほうが上がりやすいのか?
次節は最初から試して欲しい。

曽田
頭は頑張った。いいクロスを足で決められたらなおよし!

さあ!
残り47試合。
[PR]
by sakutaro9 | 2007-03-03 20:59 | コンサドーレ札幌
<< 来ちゃいました それなりでもいいのか?? >>