一歩進んで二歩下がる 札幌 vs 草津 2-2
LIVEで観たのは51分からでした。

草津がハードワークしてる
やはり、櫻田がキーマンか?
札幌はゲームプラン通りか??

と思っていたら
芳賀が砂川のパスに物凄い勢いとキレで突っ込んでくる。
その後のシーンでいい予感は的中しました。
まさに抑えの利いたいいシュート。

そこから点が取れなかった。
交代前の中山。
こぼれ球をうまく蹴ったが入らない西嶋。

同点にされたときの草津は気迫だけでした。
秋葉からいいボールが入って
高木が飛び出した・・・・・・・
ここで決まりだったでしょう。

実質15分くらい逆転のチャンスがあったわけですから
もっとパワープレーでも良かった気もしますが
三浦監督としては「ドローは客観的に見て妥当」なのでしょうか?

そして今、前半を観ているのですが
中山→西谷の見事なゴールから普通は波に乗るのでしょうが
草津の気持ちに負けた感があります。

まあ、ダビィの抜け出しからのシュートを止められたり
中山が競ってO・Gか?そんなシーンはいつも通り。

そして今年5ゴールのうち3ゴール札幌の氏原。恐るべし。

やっぱりドローは妥当か。

ともあれ、勝ち点50.
仙台が勝って、勝ち点差は9。
ゆっくり休んで、ラベンダー観にいくもよし
旭山にいくのものよし
魚とりにいくのもよし

そのあとから連敗しないこと。


つけたし
札幌の選手。相当疲れてるねえ。
10月頃に悪い影響が出ないことを祈るばかり。
[PR]
by sakutaro9 | 2007-06-27 22:48 | コンサドーレ札幌
<< ルーキーのスキル どうして勝てたのか? 札幌 v... >>