STRANGER
初めての外国は韓国。
といっても、21年前のアメリカ行き格安航空券といえば韓国経由だったので
数時間滞在しただけだが・・・
当時、あの国で大人気だったのは チョー・ヨンピル。
日本では演歌歌手の印象だが、TVに写っていたのはド派手は衣装で
まるで西城秀樹だった。

そんなことはともかく・・・

エイゴは勿論、ハングルも話せない私にとってなんだか
どうしようもなくさびしい気持ちになったのを覚えている。
まあ、たかが3週間の旅行でしたけど(冷汗)


コミュニケーションができない歯がゆさ。寂しさ。
ヒトにとってそれを乗り越えるのは容易ではないと思う。

でもその手段は別に「言語」だけではない。


ブラジルからJ1、J2にきている選手は7~80人だろうか?
その他のリーグや留学生もいれると何百人だろうか。

彼らには幸運なことに「サッカー」があるんだよな。


ダビィとカウエの残留がほぼ確定との報道。

選手やスタッフだけでなく
俺達サポーターとも
「サッカー」で
繋がっている!!

かなり、格好つけすぎ??
[PR]
by sakutaro9 | 2007-07-10 22:01 | コンサドーレ札幌
<< 女神は厚別に降りたのか ルーキーのスキル >>