冷静になること
メディアの情報からは「最悪のシナリオ」という表現が目立ちます。

会社としての不祥事
JAS法違反→刑事事件になる可能性あり
これまでの石水氏のTOPとしての対応の拙さ
発覚後の石水氏の対応

ここ数日間の動きを見るかぎり、石水氏が石屋の社長を辞任。
さらにHFCの取締役の辞任も次の会議で申し出る予定。必然です。

石屋自体の経営状態は良く解かりませんが、07年4月期で72億っていうのは
ちょっと低い額だと思います。従業員、施設だけみてもかなりの金額がかかっているはず。
さらにコンサドーレ。

メインバンクである北洋銀行。そこから出向する新社長。
まずは本業について改善しなければなりませんから、コンサについては二の次でしょうが
当然シビアな判断をするでしょう。石屋が法人として株主なはずですから。
さらにスポンサーとして金額を減らすか。それとも完全撤退するのか。

北洋銀行としても、思い切った決断をした場合、道民からの反感も買うでしょうし
J1に昇格する可能性がある今、結論は急がないと思います。

いずれにしても、J1での戦いも踏まえて、新しいスポンサー捜さざるを得ないでしょう。

もうひとつ。パーソナルスポンサーだけじゃなくて
ここまできたら、もっと持ち株会の比率増やしても良いのでは?

サポとしては、今は何もできないし、できない事を悔やむ必要もありません。
私は冷静に静観するつもりです。
勿論、普通に宮の沢で練習見学が出来て、いままで通りに白い恋人が買えて・・・・
ともかく、何も変わらないことを願うだけです。
でも万が一変化があっても動じない。自信はあります。

とにかく、なるべく早く「新生 石屋製菓」としての方針を聞きたい。
[PR]
by sakutaro9 | 2007-08-18 15:15 | コンサドーレ札幌
<< またお前か・・・vs湘南 1-2 ゴールはみえた vs京都 3-2 >>