例えるならば
腕相撲で、明らかに強い方が最初は余裕で戦って
弱い方が意外に健闘して、いい勝負にみえたけど、最後は強い方が
ねじ伏せた・・・・・

録画を観る前に、文字情報ではそう感じてました。

確かに悪くはない。良くもない。

ガンバは最初、慎重でしたね。そんな中でも相手に隙があれば
普通に攻め込んできます。まあ、コンサの隙が大きすぎました。

アンデルソン
今回だけ観れば、不合格でしょうね。前半のヘディング、後半のダヴィからのこぼれ。
そのほかにも難易度の低いシーンは何回かあったでしょう。

箕輪
今回だけ観れば、不合格でしょうね。4失点はありえません。

費用対効果 ということばがあります。
今回だけ観れば見合っていない。


勿論、彼らだけの責任では無いし、持ち味はわかりましたから
この後、何試合で納得できる内容、結果をみせてくれるか。


それから
やっぱり、先発は砂川、西谷じゃないですかね。

きれてるダヴィ、高さがあるアンデルソン、そこにクライトンが
上がってくる陣形ならキープできるふたりではないかなと。
後半みてそんなふうに観てました。
[PR]
by sakutaro9 | 2008-07-01 16:53 | コンサドーレ札幌
<< 葬儀屋の車はなぜ白いシャコタン... やっぱりこれは暴挙なのか? >>