夏の終わりのフットボール
d0010257_18452550.jpg


8月最後の日曜日。やはり14:00キックオフでは選手が大変。

予備知識はまったく無く行ったので、まず最初の印象は尚美の選手が
小粒だなあということ。ルミノッソも大柄な選手はいませんが
それ以上に小さく見えました。そして、予想通り、尚美のスピードは
なかなかでしたが、まさか先制するとは思いもよりませんでした。

実力としてはルミノッソのほうが上ではないでしょうか。
確実にビルドアップしてボールをつなぎシュートまで行ってましたから。
ちょっとツキがなかったのかもしれません。

後半、努力が実りやっとゴール前の混戦を制し同点。

が、後半40分くらいで自陣ペナ手前で痛恨のファウル。
FKは上手く壁すり抜けゴールへ・・・・

尚美はゴツめのチアも華やかで、終了後も大喜びでした。

たまたま私の横にルミノッソの控えの選手の家族がいて
後半20分くらいから出てきて、ロスタイムに惜しいシュートが
あったりで、心情的にはルミノッソに偏っていたので
残念な気持ちになりました。

d0010257_1857023.jpg

[PR]
by sakutaro9 | 2008-08-31 18:57 | 蹴球見聞録
<< なんでそうなるの?2 これキツそう >>