カテゴリ:蹴球見聞録( 98 )
なめちゃいけません
今日、駒場で行われた
浦和 vs マリーゼ
行って参りました。
無茶苦茶暑くて腕時計の跡
くっきりついてますが
勝敗はドローでした。

やはり男子に比べるとスピードのないゲーム展開なのですが
かなりあたりも強かったですし、個々のテクニックも
すばらしい。
また二つのチームのスタンスが
明確に違っていたような気がします。
浦和は丁寧にパスが繋がるような戦術。
つまり、きちん連係がとれているように見えました。
一方、マリーゼ。比較的大柄な選手が
目立っているので、荒削りに見えます。

前半2-0で浦和だったので、このままいくかなあ
とも思ったら、マリーゼ、隙を突いて追いつきました。
最後はよりアグレッシブなほうが優位だったのでしょう。

もうひとつ気がついたこと。
割り小柄でちょっと太め(失礼)な選手が
何人かいましたが、まったくもたつかない
むしろ、動きがキレキレ。
見かけで判断しちゃいけません。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-06-12 20:17 | 蹴球見聞録
負けちまった
今日の vs UAE

前半。サイドから攻撃を仕掛けていくが
最後の最後で弾き返される。その繰り返し。
小野のやべっちFCのような
トラップ→リフティング2回→シュート
入らず。
サントス→小笠原→小野
つめられず
大黒胸トラップ→グラウンダー・シュート
相手GKキャッチ

客席のフラストレーション。少しずつ噴出

後半。
前半とあまり変わらず。
そうこうしてるうちに
22分頃、ダイレクトパスが抜け出て
シュート・・・ゴールイン

それからやっとニッポン
エンジンがかかる。

大黒も小野も走る!打つ・・・
入らない・・ポストにあたる。
本山、稲本と投入。
4バックにして、小野トップ下?
さらに打つ・・・でも

ロスタイムになってからは
みんな、あきらめていたように
見えたのは私だけ?

どうしてもCL決勝を思い出してしまう。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-05-28 20:21 | 蹴球見聞録
90分後の溜息
大宮vs広島
J1リーグ戦が休止する前のゲーム。
守備重視vs攻撃重視
チームの方向性がはっきりしているこの2チームが
どんな戦いをするのか。観るべきところが
はっきりしているはずだった。

前半は一応様子を伺っているのか、激しいあたりが
みられない。なんとなく力を抜いているとしか
思えない。
特に大宮FW森田がシュートを放ち
GK下田が弾いたのもかかわらず、その時
頭を抱えていたので、弾いたのを見逃したシーンは
明らかに「おかしかった」
藤本がチャンスを作れない。ロングボールばかりで
中盤にボールはまわらない。

広島にしても東京V戦でみせた、怒涛の攻撃が
まったくない。ベットの中央突破も見ることは無い。
前線の選手達も鋭さを感じない。

両チームとも「ゆるさ」が蔓延している。

厚別でコンサドーレ札幌が不祥事後の
新たな一歩を踏み出すべく勝利した頃
携帯でそれ観ながら、約2名の
Jリーグ好きの親父がなんとなく
不機嫌な顔をしていた。

後半、流石にこのままでは終わらないはず。
大宮は桜井がサブにいたので、広島が組織力で
1点とった後に大宮が逆襲するのを期待した。

まさに「絵に描いたもち」

何せ、このゲームでイエローカードは1枚
それも危険なPLAYからではない。
フットサルをやっているわけなので
もう少し何とか成らないのか?

予想とおり桜井が入ってから明らかにゲームは
動いた、彼はフェイント&ドリブルを駆使して
広島を翻弄した。

そしてロスタイム。
大宮ゴール裏は勝利を期待して
コールリーダーは叫んだ!
「今日は絶対勝って帰ろうぜ!!」

その瞬間・・・・
大宮GK荒谷は、ゴールマウスで茫然自失・・・

広島サポ以外はなんとも言えない気持ちで
スタジアムを後にした。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-05-15 20:22 | 蹴球見聞録
浦和 vs 千葉
生オシム・サッカーをはじめてみるので
かなり期待して行ったわけですが、
今日はツキがなかったですね。
何回ポストに嫌われたか。
フリーで決まるかなって言うのも多かったですしね。

一方、浦和。やはりエメが決められないと
田中も決められない。山田がかなり走りこんできたし
長谷部もチャンス・メイクしたのですが・・・

スコアレス・ドロー

オシム監督は前節「今の戦力ではこれが限界」って
おっしゃってましたが、私はそんなこと無いと思いますがねえ。
前半は千葉がかなり押さえ込まれていたのに
凌いだのは見事だし、後半は攻めてましたね。
ボール奪ってからの展開が、スピィーディで
好感持てましたよ。

浦和はこれからちょっと辛いかもしれません。
エメのドフリーで決められなかったのは
相当、悔やまれる感じでしたね。
選手もサポも。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-05-08 20:23 | 蹴球見聞録
J1 浮き沈み・・・
去年は招待券で大宮の試合を観ることができていたので
J2ばかり観にいっていた気がしたが、今年は一番近くても
三ツ沢・・・・。心臓破りの坂をなんども登る気はしないので
コンサ以外のゲームは一度も観ていない。
そんなわけで今年は必然的にJ1を衝動的に観にいく機会が多い。

会社の同僚のFC東京のサポ。3月はなんだかんだ言って
首位ですから・・・なんてのたまっていたが、ちょっとひどい状況。
ついに監督更迭の話まで出てきてしまった。まあ、原さんは
スペイン好きだし、食うには困らないと思うけど(失礼)
人のところのことをどうこう言う立場でも状況でもありませんが
ヤッパFWでしょう。あと負け癖ですかね。

最初3節まで好調だったFC東京とは反対にダメダメだった浦和
エメはどうも4月中旬までは調整期間だったらしく(笑)
やっと調子が出てきました。坪井、鈴木、トゥーリオなど
ケガに泣かされてきましたが、上昇気流ですね。

同じくダメダメ状態だったC大阪。大宮戦観る限りでは
ちょっとどうもならん感じでしたが、西澤、森島の2TOPが
生きてきたのか、息を吹き返しました。

神戸はどうなんでしょう? 監督更迭、鳴り物入りの
新監督・・・播戸は日本代表でもと思うのですが
チームはよほどのきっかけが無いと苦しいでしょうね。

大宮は今年はもう4試合も観ちゃいました(笑)
クリスティアンはあたりです。トゥットも
三浦監督におしおきされた後の前節はGOAL決めましたし。
DFが不安でしたが、なんとか凌いでますし
出川(わかります?)の加入は大きいですね。
FWは森田、桜井もいるのでどっちか一人貸してほしい(爆)

最後に東京Vと広島。Vはかなり停滞気味だけど
両方とも、個人的には期待してるんですよ。
まずはワシントン。ほんと動きませんが、セットプレーの
ディフェンスも良いし、チームへの貢献を強調するところは
好感が持てます。勿論、シュートはすばらしい!
そしてベット。2年前に今の力を出してくれていれば・・・と
恨めしく思っているのは一部のコンササポだけですが、
あの中央突破は魅力的です。

あと2試合でリーグ戦は中休み。あっと驚く展開があるのでしょうか。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-05-06 20:23 | 蹴球見聞録
スタジアム・アクセス
どうでもいいことかもしれないが、以前から書きたいことがあった。

埼玉スタジアム。
すばらしいスタジアムであることは誰しもが認めるところ。
しかし、日本一悪いと断言してしまう、交通アクセス。
ひどい時は1時間バスを待たされたことがある。
あと1.5km線路を延長すればスタジアムに横付けできるし
あれだけ広大な敷地があるのだから、駐車場として開放すれば・・・
などなど考えてしまうが・・・・

サッカー・スタジアムは8割がた交通の便が悪い。
広い敷地を取り、夜間照明が必要。さらにたくさんの人が
集まるので、近隣住民への配慮も考えなければならない。
駐車場(有料でも)完備とすれば、交通渋滞も問題となる。
となると、どうしても郊外でしかも河川、海の近くに
建設せざるを得ない事情も理解できる。

2年前、山形での観戦の時。ここも隣の天童市にスタジアムがあり
山形駅までは行きも30分くらいシャトルバスに揺られた。
コンサドーレの勝利で気分をよくしていたのもつかの間。
帰りのシャトルバスのりばが混乱していた。
バスは2台しか手配されていなく
しかもそれらは2台とも観光バス仕様で立って乗車はできない。
補助いすを使っても100人くらいしか輸送できない。
私は運良く、補助いすを座って山形駅まで辿り着いた。
取り残された方はタクシーや路線バスを使用するしか
なかったと思う。

先日の草津vs札幌。初めていくスタジアムなので
ネットで事前に調べたところ、「目から鱗」のシステムがあった。
最寄の3つの駅から定額でタクシーを利用できるとのこと。
シャトルバスが280円。タクシーは4人で乗ればひとり300円。
実際帰りはタクシーを利用したが、無線で連絡を取りながら
配車しているので、デマチしていて試合終了後30分くらい
経過しているのに、ほとんど待ち時間なくタクシーに乗ることができた。

すべてのスタジアムで公共交通機関をスムーズに利用できるわけがない。
ただ、現状でどこまでアクセスをスムーズにできるか
少しくらい考えてほしいのである。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-04-30 20:26 | 蹴球見聞録
蹴馬鹿の憂鬱
ここ3年、サッカーを観ている自分に対して「進歩してないなあ」と
思ってしまう。そう今でも。

HPをはじめて、たくさんのすごい人に出会い、その人たちの
「サッカーを観る目」に驚いたり落ち込んだりした。
特にTV画面のみでプレー分析したり、ゲームの流れを明確に
文章で表現できる人々の足元にも及ばない。

努力はしたつもりだ。

スカパー・Jリーグセットで視聴可能な、ブンデス、セリエA、アルゼンチンも
含めて、時間の許す限り観てきたつもりだ。

図書館でいろんなサッカーの本を借りた。ルールブック、小学生向けのサッカー入門
などなど、読んでみた。
ただ最後まできちんと読んだためしがない。単純に飽きるのでる。

やはりスタジアムに行かなければと2004年は国体、L2を含め約40試合
観戦した。コンサドーレ以外の試合はニュートラルな気持ちで、ゲームの流れではなく
ある選手だけを追いかけてみたり、レフェリーだけを観ていたり
いろんなことを試してみた。

それでも納得がいかない。観る目が進歩しない・・・
思い込みか?

理由はやはりこれしかないのか?デジカメ・・・

今まで2度、ビデオカメラとデジカメ両方同時に撮ったことある。
そんなことやるからかもしれない。

まあ、時間はあるか・・・・
亀でもいいか・・・
ゆっくり、行くか・・・
[PR]
by sakutaro9 | 2005-04-23 20:26 | 蹴球見聞録
正しいTV中継
CZさんに影響されて私もTV中継がらみで。

10年以上前、東京の文化放送は巨人戦を放送している他局に
対抗すべく、新しい方針を出した。
西武戦の放送権を得て「はっきり行ってライオンズ贔屓」と
銘打ったのである。これはもうその名の通りで
徹底的に西武を褒めちぎり、相手チームをけなす。

とくに戸谷 誠アナ(古館 伊知郎氏が実況の手本にしていた)は
その真骨頂で、相手の選手がホームランを打つと
「この罰当たりめがぁぁ!」と絶叫するのである。
かなりエスカレートしていたので、ゲームの内容は軽視され
もうスポーツ実況とは言えなく、
エンタテイメント化してしまったのは言うまでもない。
確かに数字は取れる、でも西武ファン以外には雑音以外の何者でもない。

結局2~3年続いたが、その後は通常に戻った。
聴取率を上げるための作戦のひとつに過ぎなかったかもしれない。

サッカー実況は野球と違って、「間」がないため
これをやったらどうなるのか?

実際、テレビ埼玉でやるREDSの中継はこれに近い。
例えばアナ、大野勢太郎(元NHK相撲実況アナでレッズ贔屓ラジオ・パーソナリティ)に
解説が福田正博氏の3人だと、福田氏まったくしゃべれず、
「ダブル実況」になってしまうのである。
まったく「じゃべられっぱなし」で疲れる、疲れる・・・

私が一番求めているのは、「ゲームの流れが明確に解かる実況」と
「そのゲームでの技術、ルール解説」なので、私でも知っている
情報(新聞やTVで放送されていること)や
誰でも言える解説(前で戦えとか)はいらないのである。

だから、最近の代表戦はTVの音を消して、ニッポン放送のラジオ中継を
聞くようにしている。
[PR]
by sakutaro9 | 2005-04-17 20:28 | 蹴球見聞録