<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
The end.  ではない
ネットや新聞の論調では

ジーコの自主性尊重、選手選考、選手起用、戦術etcについて
批判する人、一方では問題ありとしながらもこれからにつなげなくていいのかと
投げかける人に分かれているようです。

私は残念ながら判断できません。
肯定する部分、否定する部分様々あって整理がつかないのです。

そんな中あえて2つ

タラレバですが
オーストラリア戦 ○
クロアチア戦 △
ブラジル戦 ×
で決勝T進出の可能性は高かったわけです。

もっと言うと
「オーストラリア戦の後半35分ころから11人の意思統一ができなかった」
そこに至る経緯についてはいろいろあるでしょうが、次に進めなかった
原因はそれだけだと思っています。

それなのに「ジーコの責任」「選手の責任」また「協会の責任」とか
そんな基準だけで語るのはどうかと思うのです。

もうひとつ、サッカー自体には関係ありませんが、私ら応援する側としては
「ジーコ・ジャパン」という目に見えないプラス効果は否定できません。
経済的にはもちろんのことこれまでサッカーに興味のなかった人も
早起きして、夜更かしして応援したわけでしょ。一過性だったとしても。
同じ効果を導き出せる人物が他にどれだけいるのか?

結果はきちんと記憶しておきましょう。
選手も指導者もサポーターも。
私は多くを語らずに次に進め!!
それだけです。
[PR]
by sakutaro9 | 2006-06-24 09:49 | 蹴球見聞録
もう祈るだけ
d0010257_1346496.jpg


昨日は楽しかったけど、やはり疲れはある。
ところどころ痛いし(爆)
それでも午前中は録画したHDDや録り貯めしたMDの
整理をして、嫁に頼まれた買い物して、子供達に昼飯作って終わった。

午後から今日のクロアチア戦についてあれこれ書こうと思ってみたが
特別に書くことはもうすでに考え付かないのでやめておく。

ひとつだけ。
42年の人生の中でスポーツだけでなくすべてにおいて「日本代表」
応援するなんてことは考えもしなかった。
むしろ「国のため」とか「国の誇り」なんて考えたくないスタンスだった。
ところが「コンサドーレ」そして「サッカー」が好きになってしまったことから
大声で君が代を歌ってしまう人になってしまった。
私は国粋主義者ではないし政治的思想ももってないが
ことサッカーのことになると違う。
この3年間、代表戦のTV中継はすべて観たし
スタジアムにも10回行った。
そんな人は星の数ほどいるだろうが、「一生懸命応援した」自負はある。

なので、「あーだこーだ言ってもシャーナイ」
「今は祈り、10時になったらTVの前で応援する」
それしかない。
あとは
「途中で電源を消したくなるようなゲームだけはしないでくれ」
[PR]
by sakutaro9 | 2006-06-18 13:47 | 日々書殴
まさに快勝!!
関東&東北は梅雨真っ只中。週間天気予報では
降水確率が高かった。さいたまを出発する時も
途中の高速道路周辺もずっと鉛色のそら
ところが・・・・

d0010257_12164914.jpg


いい天気じゃないですか!(ピッチは暑そうだけど)
相変わらず、完全AWAYな雰囲気は変わらないが
先日の「N島ありえないPKやり直し」事件の時に怪我をした
ベガルタの白井選手に対する暖かいコールがスタジアムに響いた時
なんだかとても感動した。

d0010257_1221976.jpg


そしてキックオフ!
ゲームの入り方はとてもよかった。
すがさんは「仙台が最初は攻めさせているのでは??」と言っていたが
どうも、主力が欠場する中11人の意思統一がとれてなかったようだ。
(今の日本代表にも、ズバリあてはまってますが)
それでも、いつも通りリャンや萬代などの飛び出しは脅威だった。

でもそんなネガティブな想いが断ち切られる瞬間は以外に早く来た。

中盤からボールを持った西谷がすぐにドリブル。
少しスピードを緩めた時にフッキが追い越しボールをもらう。
1度シュートは熊林に当たったが、フッキの足元に戻り
そのまま振り切った!高桑が反応したもののそのままゴールへ・・・

やっぱり先制はうれしい!!

両チームともによく走り、ハードな展開が続き前半終了。

解説のすがさんからは
「マンマークが出来ていて相手FWをつぶしている」
「ディフェンスラインが高く維持できている」
「先制点はまさにJ2らしい(笑)カウンター」
そんなコメントも。

後半は恐らくスタミナ勝負になると予想したが
みんながんばりましたね。
やはりオシムが言っていることは正しい!
そんなすばらしい走りから
石井→フッキで2点目
この2人は前節からピッタリ合ってきた。

その後「神が降りて来た如く」林がスーパーセーブ(褒めすぎ)を
連発し、曽田&池内の「ありえないミス」もなくラインをあげて
守備が出来て・・・ホイッスル・・・

歓喜!それだけ!

d0010257_12514832.jpg


今回は往復10時間近い旅であったが、楽しい時間というのは
瞬く間に過ぎてしまうものだと改めて感じた。
そして帰りのバスではに仙台サポの方にも
声をかけてもらい、明るく会話することも出来た。

2001年11月からコンサを追いかけ、スタジアムに行ったが
こんなすっきりした気分になれたのははじめて。

コンサドーレに関わるすべての人たちにいまさらながら言いたい!
「昨日はお疲れさまでした!そしてありがとう」
[PR]
by sakutaro9 | 2006-06-18 13:02 | コンサドーレ札幌
小ネタを3発
W杯景気ということでコンビニの雑誌コーナーも
サッカー関連本が目立ちます。その中で異色なモノを見つけました。
この本がそれ。
日本代表のみならず、さらにさかのぼって90年代の高校サッカーネタも
ありました。その中で市立船橋の96年優勝メンバーに砂川を発見。
同じチームには柏の北嶋がおり、勝った相手(桐光学園)には
中村俊輔がいる。当たり前かもしれないが「それなり以上の経歴」の
人物なんだと感心しました。

市立船橋と言えばコンサドーレに新加入の佐藤選手ですが
やはり、03年の高円宮杯決勝vs静岡学園を埼スタで観てました。
静学の中村選手がサイドから切り込んでいく印象ばかり
強くてほかの事は覚えてませんが・・・すいません。
同じチーム同期にはカレン・ロバートもいます。

そんな「同期ネタ」の締めくくりは
W杯で今度は15日にイングランドvsトリニダード・トバコで主審を務める。
上川 徹氏・・・・なんと86年に私と同じ大学を卒業してました。
勿論、係わり合いはまったくありませんが・・・・

無理やり可能性を探すとすれば
・体育会系の部員が良く行くカレー屋もしくはハンバーグ屋でいっしょになった。
・ボーリングにはまっていたとしたら、隣のレーンで投げていた??

それぐらいか(爆)
[PR]
by sakutaro9 | 2006-06-15 21:46 | 蹴球見聞録
恐らくみんなが考えていること
d0010257_14315341.jpg


約2ヶ月、10試合勝ち無し。
2004年のどん底の時と同じようなチーム状態。
そしてサポーターの苛立ち。

昨日の勝利ですべてが解決したわけではない。
失点の場面は相変わらず、再放送のようであるし。

再生へのきっかけに過ぎない。

きっかけと言えばあのPK。
意気消沈だったのにコロッとかわるところ
まるでカメレオン。

ここ数年そうだけれども
良い時と悪い時はっきりしている。中間がない。
はっきりしていていいのだけど安定感はまるでなし。

だから仙台、横浜FCとつづくここ2試合は勝たないと
中位を維持できないだろう。

いいコンディションで週末を向かえないと
私らのコンディションが悪くなる(笑)
[PR]
by sakutaro9 | 2006-06-11 14:29 | コンサドーレ札幌
金曜日から書きたかったこと
d0010257_11394734.jpg


タイトルの通り、徒然と書きます。

一昨日、水戸vs横浜FCを観てきました。
まあ、仕事に絡められたのと、S席の招待券が当たったので
水戸まで足を伸ばしたわけですが、
三浦カズ、城、山口というW杯経験者を観ることできるのも
大きな魅力でした。
ゲームは予想通り、両者守備的でしたが、そのかわり中盤で
がんがん当たる場面が多く、客観的に楽しめました。

上記の3人についてもそれなり以上にいいプレーを
観ることができました。特に山口ですね。相手も攻めさせないノウハウを
持っていて、それを味方と実践できている。だから失点しない・・・
ハズでしたが、この日はやられちゃいました。
先日のコンサの時といっしょ。アンデルソンです。
まあ、後半ロスタイムで菅野がPKとめたり
見所が多いゲームでしたが、個人的にはもうひとつ
見所・・・・というか聞き所がありました。

私のすぐ後ろの席に2人の女性が座りました。
どうも水戸サポというより何人かの水戸の選手が好きで
いわきの「スパリゾート・ハワイアン」に行くのとカップリングでここに来たようです。

もう、この人たち喋りっぱなし。

女性A・・・クラいいねえ!かっこいい!キャアアア
女性B・・・ゴンちゃんなんで、出ないの!チョーツマンナイ・・・

これはまあ普通です。

女性A・・・昨日、就職情報誌にサッカー関連の特集があって、スペインに行って
      ひとりでバルセロナと商売してる人の話がでてたのね。これなら私にも
      出来るって確信した!マジで!
女性B・・・Aちゃんなら出来るよ!マジで!・・・・ところでAちゃん誰かわかんないけど
      芸能人に似てるって言われない?
女性A・・・そうそう!言われる言われる。でも誰かって分けじゃ無いんだよね・・・
      芸能人にありがちな顔立ちなのかなあ・・・キャハ・・・

困った。

女性A・・・ところでBちゃん。1回だけ・・・・・・(ヒソヒソ)・・・だったら誰がいい?
女性B・・・そりゃやっぱりゴンちゃんでしょ・・・うんうん・・・

また、ヒソヒソ部分以外は声でかいんだこれが。

俺以外に近くに男性3人いましたが前半20分頃で全員いなくなりました(爆)

女性A・・・○○ちゃんはUちゃん(ある選手)と仲良くて、Mクン(ある選手)
      も仲が良くて、話は聞くけど、チョーウザイよね・・・最近メールも帰さないも。
女性B・・・そうそう、彼女チョームカツク!!

いやいや、こんな会話の連続。聞きたくないけど聞こえてしまう。
凄かったですよ。権東登場でヒートアップしてましたが
お2人にとっては、いいバケーションなったことでしょう。

まあ、人それぞれの楽しみ方があるから由としましょう。

そしてこんなこと書いて喜んでいる俺って・・・・
[PR]
by sakutaro9 | 2006-06-04 11:42 | 蹴球見聞録