<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
さあ、どうする?
d0010257_1493397.jpg


kazuaさんのところでコメントすべきかもしれないが
ながくなるのでこちらで。

私個人としては、大塚は高く評価すべきだと思っている。
地味だけれども、経験はあるし、風貌のとおり肩をケガをして
手術が必要なのにそれでもゲームにでるガッツをもっている。
他の選手のためにも必要な人材だろう。

一方でkazuaさんが今期第1戦目から指摘していた「自ら動かない」部分は
5月からの勝てない時期になって初めて納得した。

次にフッキ。
もう、PKは蹴るな!!ってこと以外、今のまま点数を入れてくれれば
他の選手との連係とか、チームプレーを考えろとかなどは
言わなくていいと思っていた。赤とか黄色とかもらってもしかたない。
まあ石井とは良いコンビかなと感じていたし。

ただ、昨日のゲームを観ると「わがまま放題ボールをもっている」風にしか
観えない。モチベーションの下がりまくっているあのチームの中で
しかも4-0の状況ではたとえ1点取ったとしても、評価は低い。

さあて・・・。
私はあまり時間が無いと思う。
柏、横浜FC、神戸、仙台がそろって足踏みしてくれない限り
東京V、札幌、鳥栖、山形はTOPグループには追いつけないだろう。

おそらく「補強・補強」って雑音がでてくるが9/15がリミットがなので
難しいし、効果があるとは思えない。
私は現有勢力で立て直す以外ない。そう考える。

そして
おそらく猛反発を食らう覚悟で書く。

「なんでもいいから勝ってくれ」

やはり上里を先発でフッキ&石井が生きる戦術ならなんでもいい。
カウンターでも、精度の低いロングボールでも、ミドルシュートでも。
いままで積み上げてきたものを捨てても勝つためなら
法とルールを侵す以外何をやってもいい。
その結果あと11勝3敗5引き分けで勝ち点が80.
なんとか3位滑り込み・・・入れ替え戦でJ1。
将来を考えてないとか、甘いとか言われそうだが。

去年の甲府だって、当事者が「想定外」だったはずで
そんな状況のなかでも今年J1で健闘しているわけである。

もうひとつ。
まだ、今期ゲームに出ていない、岡田、西澤、西。
プラス川崎(セバスティアンはどこ?)
これらの選手をどう生かすか?
監督が「プロの目」でみて、判断してあげるべきでは?
ためすなら、8月しかないはず。

もう一度書くが、時間はない。
[PR]
by sakutaro9 | 2006-07-30 14:10 | コンサドーレ札幌
Good-day!
今,想えば「良い一日」であった。

d0010257_9341690.jpg

7月26日

首都、TOKYOのはずれ。味の素スタジアムで
コンサとヴェルディのゲームがある日・・・・
5位・6位争いという、なんとも微妙なマッチアップだが
当事者にとってはとても力の入るゲームのはずで・・・あるが・・・

ウチはフッキがおやすみ。相手も点をとっている平本がおやすみ。
さらに何故か長い梅雨なのに、この日だけは昼間から気温があがる。

ウチらは、勿論「嫌な予感」

当然、朝から仕事。こうゆう時に限って予期せぬトラブルが私に襲い掛かる。
今までなら恐らく1日はつぶれるような出来事のはずであった。
ところが、ものの15分くらいで解決してまったのである。
細かく書いても仕方ないので割愛するが、私個人の努力ではなく
周りのみんなが動いてくれたおかげ。

続いて、突然の来客。
先週、散々もめたお客である。
「こりゃ、今日定時で上がるなんて無理」100%あきらめた。
ところが、いざ会ってみると、いやあスムーズ、スムーズ商談成立!

翌日にやろうとしていた仕事も午後に完了。
5時半きっかりに会社を脱出!!
味スタにはキックオフ10分前に到着。これもスムーズ、スムーズ。

キックオフ直後にA2さん登場!
爆心地から少し離れたところから、マッタリ観ることに。
で、前半は点数は入ったけど、いつも通りマッタリ。

ヴェルディは予想通り、マルクス、ゼルイス、廣山で攻めてくる。
解かっていることだが、こいつら上手い。ホストがオネエチャンを
手玉に取るが如く、コンサの選手達をかわしていく。
ポジション・チェンジされて、マークずれずれ、危ない危ない。
西谷も攻めの起点になるけど動けない。芳賀もミスが多くだめ。

それでも1-1はラッキーだった。

ここで個人的にサプライズ!
ウチの常連、室蘭のナスさんから「着信アリ」
「えっ!きてるんですか???」
「きちゃいました(笑)」
お連れの方も同じく室蘭からで、さすがにびっくり。
やっぱ、熱いは!

後半、大塚が魂のシュート!!・・・ところが
ゴールの真裏で、スタンドがピッチから遠いので
凄いことが解かったのはVTR観てからだったが。

その後は多少ウダウダしつつ、コンササポのいらいらタイムに。
個人的にはもう慣れちゃってるので、ともかく守りきれと念じる

そして
勝利。

おそらく、これから12月まで
鳥栖戦、草津戦
そして今週のヴェルディ戦のような「沈んで、浮いて」を
繰り返して、あわよくば3位・・・そして・・・

4人で喜びは分かち合った後
「かぶりもの」A2さんとふらふら歩いていたら
やはり「かぶりもの」曽田サポさんと遭遇。
A2さんいきなり記念写真!!

まあ、そんなfunky Wednesday nightは更けていったのであった。
[PR]
by sakutaro9 | 2006-07-29 09:34 | コンサドーレ札幌
オシムが視察に
d0010257_23362480.jpg


いつものように、新聞屋からせしめた招待券で駒場へ。

J1再開ということで、下位からの脱出が使命である大宮vs磐田。

午後まで1日雨で、明らかに「梅雨冷め」でスリッピーではあるが
気温だけ考えれば、ベストなコンディション。
でも前半立ち上がりから、どうも両者ともエンジンがかからない。
なんとなくつまらないなか、磐田のDF陣がバタバタしているうちに
川口の反応も虚しく、大宮先制!
失礼ながら、大宮は相変わらず強さが感じられないけど点を取る!
このあと両チームともに少しやる気がでてきた。
特に、磐田の太田。この運動量は飛びぬけていた。中盤でチャンスを
作るのはほとんど彼であったことは過言ではない。

ところが・・・・・
AWAYゴール裏からは物凄いブーイング・・・・仕方ないか・・・

後半開始直後、ちょうど駒場に来ていた大学時代からの友人、
A木さんと携帯で連絡をとっていたら、いきなり成岡!GOAL!
ゲームは振り出しに。
やはりここからやっとゲーム自体がアグレッシブに。
磐田はゴンちゃん、菊池、を投入。
大宮も純マーカス、森田をいれて追加点をねらう。
中盤での競り合い→前線へパス・・・・両者ともそんな攻防が続くが
やっぱり前半同様、磐田DFがばたつき、桜井が見事なシュート。
その後、大宮はお決まりの4・1・4・1作戦のためDF平岡投入。
磐田は名波をいれるも、大宮はがっちり守って「辛勝」というところだろうか。

最後に磐田サポが負けても大合唱で迎えたのは感動的であったが
サッカーの試合としては今日の梅雨空の如くすっきりしなかった。

今、TV観てたら・・・・
オシムさん来てたらしい。
後半も右から左から走りぬけた太田はいいアピールになったとおもう。
[PR]
by sakutaro9 | 2006-07-19 23:38 | 蹴球見聞録
サポーター心得
d0010257_21381652.jpg



まあ、詳しくは書かないけど・・・・。

今日いくつかのコンサドーレ関連のサイトを観ていて、見つけた。

・昨日の中継を観ていてゴール裏の応援が盛り上がっているのはほんの一部で
 諦めている人が大半。そんな人はすぐにスタジアムを後にして欲しい。

それから少し前に見つけたもの

・ろくにルールも知らない(勉強もしないで)で野次を飛ばす奴らには腹が立つ。 
 自分は頑張ってサッカーとコンサドーレについて知ろうとしている。


サポーターにはいろんな考え方があり、応援のスタンスもそれぞれ。

ただ、そこには序列は無い。あってはいけない

それなのに
私はこうだから、他の考えは気にいらない。だから排除。

ただただ悲しい。
いくらネットだからといって、そんな角が立つような書き方をする必要があるの?
どうして「自分は正しいこと」をアピールするんだろう。
どうでもいいじゃないかな。

もうひとつ今日のコンサドーレ関連のサイトから

・昨日現地(鳥栖)で頑張って応援したが、勝たせることが出来なった
 自分の無力さが恥ずかしい。

う~ん・・・・・・・

これは角は立たないけど、ここまで自責の念を感じる必要はどこにある?
もしかして、これも自己アピール?って勘ぐってしまう。

単純にさあ・・・・
「おれ!おれ!おれ!」って言うのは嫌い。
あっ!
サッカーの試合中は例外ですけど。
[PR]
by sakutaro9 | 2006-07-17 21:39 | コンサドーレ札幌
ラストダンスはHEY!ジダン??
最近書きたかったこと2つ

あまりにも不規則なサッカーTV観戦を強いられたおかげで
点滴まで受けてしまった人が・・・・(CZさん!ごめん)
私も軽く熱出して、喉の痛みが1週間。
そんなドイツW杯も、日本時間の明日6時頃で終了。

さて前回もそうでしたが、今回のTVの対応も凄かった。
クロアチア戦の当日、テレビ朝日は朝からほとんどサッカー特番で
石ちゃんはぴちぴちのユニで全国を駄洒落いいながらたべまくり
女子アナは滝に打たれ、試合中継は・・・・いつも通り・・・・。
他局も「サッカー絡み芸能人」の稼ぎ時。
スカパーはF組だから「Fカップ」という短絡的な企画がバシバシ・・・・
カビラ・ブラザースもいつも通り。加藤&白石も・・・

いいんです。どれだけおちゃらけても。
でもね
でもね

試合中継中はネタはやめてほしかった。
副音声なら別に文句は言わない。主音声でさんまにコメントさせるなって。
ゴンちゃんもそれに絡まざるを得ない。
選手達に失礼でしょ。

今後は地デジ化が進むのでTVもきちんと対応して欲しい。
俺はプロの実況と解説が聞きたいだけ。



いきなりJリーグに話は飛ぶ。

先週宮城県に出張して地元のFMを聞いていたら
「アンジェラ・アキ」の曲にあわせてベガルタの得点シーン&失点シーンの
実況ダイジェストを夕方の番組で放送していた。
文字では伝わりにくいが
この実況アナ、自分とこの得点シーンでは必ず
最後に「YES!!」で締めくくる。
例えば
「万代!!シュートォォォ!YES!」って具合。
こうゆうこだわりって、ラジオだから出来る業かもしれない。

私の場合このような「HOME対応」はまったく経験できないので
羨ましくてしょうがない。

さて・・・・
果たして、私は午前3時に起きることは出来るのであろうか???
[PR]
by sakutaro9 | 2006-07-09 22:29 | 蹴球見聞録
錯覚
d0010257_10291760.jpg


昨日はすがさん、ナスさん(きょうはひとり)そして
「ウチらの最終兵器」A2さんと参戦してまいりました。
(そして本当にまいってしまったのですが・・・・)

小雨がふったりやんだりでしかも梅雨特有の蒸し暑さ。
札幌との気候の違いのせいにはしたくありませんが・・・・

昨日もみんなで話しましたが
・走れてない
・特に前半、ボランチが走れてない
・西谷&砂川→裏へフッキという流れが作れない
・石井の後ろのY沢の生霊が見えたのは私だけか?
・結果、悪い時の定番。ロングボールぶち込み。

まあ、そんなところです。

仙台戦では主力がいない中、自分達のサッカーができた。
横浜FC戦では、接戦の中ギリギリで制した。
東京V戦では相手の不振に付け込み大勝。

私は「勝ち方が解かってきた」と錯覚していたようです。
そんな簡単にチーム力が上がるはずもなく
ダメな状態で勝てるわけはありません。

写真と同様になにか心にモヤがかかったような感覚で
帰ってきたのです。

今日のサテライトで新しい「何か」いや手がかりだけでもいい。
発見できれば・・・・・
[PR]
by sakutaro9 | 2006-07-02 10:34 | コンサドーレ札幌