カテゴリ:コンサドーレ札幌( 226 )
さ、選手名鑑が発売される時期だ
毎年、変わらず想う事。なんだかいつの間にか1月が終わり
2月中旬になるのもあっという間。本屋には選手名鑑が出回る時期。

サカダイのにしたので今年は分厚い。なぜかというと
J3も掲載されているから。
で、どうなんでしょうねJ3。
JFLと動員をわけあうとすれば、商売にはならない。あくまで
3部があることに意義があるということか。
ただ、ここへの降格があるという事実は重要なのか。


コンサドーレもいつも通りけが人が多い。
開幕ジュビロ戦は参戦する段取りをつけているが
どうなることやら。
守備が不安。昨年と一味違う中盤になるのか
それとも去年とあんまり代わりがない中盤なのか
とにかく、どう機能するか。
点がガンガン入る予感はないかな。

一ファンから言わせてもらえば
去年のようなシーズンではなく多少波のある
たとえば
3連勝して2連敗また3連勝とか
わくわく、いらいらが散りばめられた11月までが希望。

もうひとつ。
赤黒の戦士のなかで
「こいつは追いかけたい」
と想わせる選手が出てこないかな。

そうなれば、力が入るんだが。






by sakutaro9 | 2014-02-17 21:56 | コンサドーレ札幌
引くにひけない?
昨日の夜、録りためしてたテレビ番組を確認してたら
コンサの試合がいくつか残っていたので観ていた。
そばにいた息子に何気なく
「去年は5試合しか観にいってない。飽きたわけではないんだけど・・・」
と話したら
「引くに引けないってやつだね」
軽く返された。

そう
ザッツライト!

社会人の4部リーグまでグランドで観てた頃からにくれべれば
各段に気持ちが入っていない。

一番の原因は他の気持ちがむいてからなんだけど。


正直言うと
気持ちをこめて応援する選手がいないこと。
心のそこからね。

そんあ選手がでてくるまでは
この調子だ。たぶん。

岡田 祐樹の引退
彼のBLOGを読んで。そんなこと想う・・・


by sakutaro9 | 2014-01-11 11:57 | コンサドーレ札幌
熱くなれなかった最終戦
昨日は夕飯の準備しながらガンバ戦観てました。

時折ワイプで入る札幌の情報を気にしながら。
そう・・・スカパーは解約しましたから。10年使った
チューナーのせいか画像が暗くなるし、HDでないのこと
でも、何より「費用対効果」かな。札幌の試合が観れなくても
あなり気にしなくなってしまった。


しつこく書いてますが(笑)せめてあの熾烈な戦いの中に
いたかったですね。シーズン通して蚊帳の外っていうのが
一番辛かったし、気持ちが落ちていくの様を自分が一番わかっていた。


ガンバが降格した事実は「これがプロのリーグ戦なんだ」ってことを
みせつけられました。いくら輝かしい実績があり、代表選手がいても
最初は小さなきっかけからガラガラと崩れていった。

来年のJ2はやはり「西日本中心」であくまで実績で言えば
ガンバ、千葉が優位かなということになるが、ぜんぜんあてにならない。

まあ、ウチの場合上にいるということより、「下にいかないこと」を
考えなきゃならない。これからチーム編成が進む中で、自分の中の
モチベーションがどう変化するか???


2013シーズン。水戸、草津、東京V、横浜FC、千葉、栃木くらいしか
いけないか。山形、松本そして西に遠征したくなる状況を作ってくれるのか
コンサドーレ札幌・・・・
by sakutaro9 | 2012-12-02 08:55 | コンサドーレ札幌
ごくごく、あたりまえ???
d0010257_23432628.jpg




助っ人のコンディションが悪かったのか意図的なのか。
宮澤真ん中の3バック。意思疎通を優先した?
実質5バックでカウンター狙い?
前半、何度もウチのがら空きになった左サイドを
マルシオたちに狙われ、もしそこで入っていたら
大量失点→大敗の図式だった。

内村・・・ハモンがいないほうがやりやすいのか
古田のコンビネーションが上手くいった。

浦和はかなりのプレッシャーだったのだろう。
広島が引き分けたので勝てばタイトルが見えてくる。
あれだけ前半攻めて、自分たちのゲームにしていたのに
やられたときは脆かった。
確かに1点目の古田のターンはワールドクラス。
2点目もメッシみたい。(褒めすぎ)
でも、浦和DFにとって(はっきり槙野)止められない
レベルかと問われればYESといえない。

最後に
石崎さんのインタビューには笑った。
野々村さんの髪型をいじり、かるーく応対してた。
ネットのでのコメントも
「J1には上げられる。その先はともかく」
なんてことも・・・・


昨日みたいなゲームこれまでに4ゲームできていれば・・・・
思わずタラレバを言ってしまう。
by sakutaro9 | 2012-10-07 23:43 | コンサドーレ札幌
みんなが書いてないようなこと
今度の土曜日、またレッズサポにダンマク掲げられそうだが。

今まで3勝とは流石に誰も考えなかったでしょう。
大宮、新潟、ガンバと降格争ってる・・・・っていうなら
コンササポが大挙して埼スタに集まるはず。

まずは守備のこと。
名古屋のダニエル、元仙台のエリゼウ、元大宮のマト・・・
そんな「はじき返し系」のCBがいないと今年の戦い方では
歯が立たなかったのは当たり前。

けが人
「公傷」なのはわかる。長期離脱してもそれまでの貢献度や
これからの期待度を踏まえてリハビリに専念させる意図はわかる。
ここ数試合の高原はそれを証明しているとも言える。
しかしだ!
きつい書き方だが「コンサドーレはリハビリの為のサッカーチーム」ではない。
ここ数年、「コンサで何試合?いや何分出場した???」って選手が
ゴロゴロいるでしょう。

助っ人も同様
何しにきたんだって人は数え切れない。

「確実はない」ことは百も承知している。
それでも例えば25人登録したとして、限りなく稼動100%を目指すべき。

前線にスキルがあってボールを持てる選手を!
昨年ジオゴが入ってすごく「安心感」をもてた。
今年はもうどうにもならない。
サイドチェンジしてもそこから繋がらない。


監督人事
ころころ代えろとは言わない。下位がみんな交代してることを
考えれば、それで簡単に変わるものではない
但し、後半3人補強して同じ体制で「残留」できると本気で
考えていたとしたら、フロントの責任は大きい。
by sakutaro9 | 2012-10-03 21:14 | コンサドーレ札幌
この期におよんで
昨日の試合後ゴール裏の映像を観た。

まあ、こうなっちゃうことは仕方ない。
河合の気持ちはわかるし、思わず大人気ない言動になるのは当然。
サポがきたない言葉を投げかけたとき黙ってられないときはある。


もうここまでになると、選手もどうしたらいいか全くわからなくなっている。
高校生にも負けるかもしれない。

2005年頃から私は「なんでもいいからJ1にあがれ。上がってしまえば
なんとかなる」と思い込んでいた。2008年にしても今年にしても
それが「完全な間違い」であることが証明されてしまった。
チームとして総合力がないのに上がってもJ1では勝てない。

さらに今のJ1はガンバ、鹿島があの位置。
時間をかけてチームを作った広島、仙台があの位置。
過去の勢力図はまさに過去のもの。

じゃあ札幌はどうしたらいいか。
簡単に言ってしまえば、広島、仙台に習えということ。
やり方はどうあれ、チームとしての総合力が上がれば
時間がかかっても成果はでるはず。

監督と選手のポテンシャルはお金がないので期待できない。
ただいずれも「のびしろ」を期待できる人材が必要だし
それを追求するHFCの真価が問われる。

となるとHFCの中枢が「サッカーとビジネスをよく知っている人材」
にするしかない。
誰がイニシアチブを握るのか。そこからか。

今は選手、監督、スタッフ、サポーターが何ができるか
結果は関係なく実践する時期。シーズンが終って
次に何ができるのか。できないと思えば来年、赤黒には関わっていない。
by sakutaro9 | 2012-09-23 10:20 | コンサドーレ札幌
本当にお荷物か?
ひと月ほど前、同僚のサッカー通からこう言われた。

どうしちゃったんですか?1チームだけおいてかれてますけど・・・・・

その通り!
全く否定できず

マリノスが凄いとは言いません。でも引き分けに持っていける
または引き分けで終れることはチームの力であることは認めざるを得ない。

何で勝てないのか、僕らがいくら考えても、いくら語っても解決はしない。

以前ここで書いたとおり、個人的にはAWAYの4試合。きっちり
自分なりの応援をするだけ。


それにしても

もう少しなんとかならないのか・・・・
by sakutaro9 | 2012-09-02 11:57 | コンサドーレ札幌
地味に過酷だった6・23ドーム参戦
家の用事があって6/22から帰省していた。
このことは随分前から決まっており、23日は隙あらばドームへと
画策はしていた。

当初は一人で行くつもりだったが諸事情で嫁も同行することになり
ほぼあきらめていたが、やはりこの状況だからこそ
いけるなら行きたいというのが本音。

問題は多くあった。
①嫁はコンサどころかサッカーに興味がない
これは決定的だが、結果的に良い方向にむかった要因でもあった。
②実家からの距離
90kmで高速もあるのだが、もう実家には車がない。
ただ、嫁と行くことにありレンタカーは借りることになっていた。
③当日の用事
メインの用事は24日だったが、23日も2ヶ所の墓参りだけは
マストだった。
④実家にいるキリノ似の義母の動向
野球好きなのにコンサにも「いっちょかみ」するので
かなり突っ込んでくる。ここをいかにスルーするか。


恐らく、ドームにサッカーを観にいきたいという
カミングアウトのタイミングが肝なので
そこをずっと伺っていた。やはり直前かなと。

そして
これも結果的にプラス要因だった悪天候。
千歳に着いた22日から肌寒く、雨模様。
いわゆる観光という感じではない。

当日も小雨模様。9時に家を出て、サクッとやることを
済ませたのが10:45。

ここで予定通りに伝えたところ
「とりあえず向かって」
おおっ・・・・・

理由は二つ
巨人ファンであること
そしてSMAPファンであること
そう
単純に「札幌ドーム」には行きたいだけ


もうこうなったら気が変わらないうちに
高速に乗り福住に着いたのが12時過ぎ。
ラーメン屋の隣のパーキングはまだ空いており
12時半には入場。

わりと好みだというウッチーをみて
d0010257_20352268.jpg


生ビールを飲ませ
私は勝手に応援していて
試合中はほぼ会話ゼロ
4時前にはパーキングに戻っていた。
最初は苦しかったけど、後半は慣れてしまった。

黙ってクルマを飛ばし
17:20には実家に。


なんて完璧な参戦だろう(爆)

その後
何事もなかったかのように義母とともに
森の中のイタリアンに。
ドームにいったことはバレバレだけど

d0010257_20393377.jpg


d0010257_20432297.jpg


いやああ
こんなにあずましくないのも珍しい。
by sakutaro9 | 2012-06-25 20:42 | コンサドーレ札幌
あえて書いておこう
昨日の夜つくづく想ったんです。
ゴール裏はチームを応援する場であって
「試合を観る場」ではないということ。

昨日の仙台戦。結果の通り惨敗には変わりありません。
ただ、その場ではもう慣れてしまっているのか
あんまり実感がわかないのです。

ところが帰って録画を観て愕然するわけです。

酷い
あまりにも酷い

ウチの左サイドを攻められているのはわかってました。

やられるにもほどがある。

これも中継観て知らされたこと。
監督は師弟対決だった。

だからかどうかわからないが
完全にウチのことを知り尽くして挑まれたとしか思えない。

相手はCK13本。ウチはなんと0・・・・・
なにもさせてもらえなかった証拠。

そして
シーズン当初の堅守は幻だったのか。


2008年より悪い結果になる可能性が高いので
このままではコールリーダーがいくら泣き、声を枯らしてもサポーターの
モチベーションは下がるのは必然。
だいたい、○ち○会の幹部の方が仙台には行かず
違うところサッカー観にいってるくらいだから。


さてさて
こんな状態だから
監督交代
とか
選手補強
とか
手は打つでしょう。

私は
すべて
「だめもと」
と心に決め
行きたくなったら
スタジアムに行く。
声を出したかったら出す。


実は
仙台も行くと決めたのは前日。
鹿島、広島、ナビスコを見せられて
気持ちが動かない。
一方で行けるのに行かなかった鹿島のことが
ずっと引っかかっていた。
後者が自分を動かした。

ガンバ戦。
自分は北海道にいる。
去年のように
諸事情をすべてなげてドームに行くような
気持ちになるか?
自分でもわからない。
by sakutaro9 | 2012-06-17 18:51 | コンサドーレ札幌
昇格・・・そして自分の想い
そして1週間。
コンサドーレが昇格できて本当に良かった。さらにこの後、監督、選手の去就が気になる時期だが
今のところは円満というかホットした気持ちでいられることもうれしい。
明日はユースの試合もあるので17日も応援させてくれ!と願いをこめたい。

と多少前向きに書いてはいるが
12/3に至るまでの自分はかなりネガティブ(笑)
ここでも6月には「もう負けられない」と書いている。確かにこの時点で5敗してるので
危機感はあるのだが、まだまだ先が長いのに書くのもどうかといまさらながら自分で想う(笑)

それでも9月の水戸戦以降自分なりの手ごたえを感じたのか気持ちはもりあがっている。
2007年はだらだらとなんとなく感が漂ってたけど今年は徐々に盛り上がる感覚が心地よかった。
2005年2006年は「何でもいいからとにかくJ1にあがれ」と想っていたけど
今年は「徐々に」だったので焦りはなかった。
11月の味スタ、平塚ではかなりダメージを受けたのにそれぞれライバルの停滞で
首の皮の一枚状態でもあんまり変わらなかった。

ラストがFC東京だったことがわりと平静でいられた要因だろうか。
だって戦力の差があるのは明らかだから。でも勝ち負けが決まるわけでもないので。
それにしてもあんなに集まるとは想わなかった。仮に招待券でも多くの人たち
特に子供たちがあの試合をみたことは10年20年先に絶対にプラスになっていると思う。

徳永が常に高い位置をとり、羽生は隙あらば走りこみ、今ちゃんは隙をみせない・・・
ウチが先制するまでは厳しい試練に耐えろと心の中で叫んでいた。
があの瞬間から変わった。がら空きの左サイドに走り始めた古田がいた。
数分後、近藤が今ちゃんを振り切った。2-0

後半は本気のFC東京。ルーカスが下がり目でセザー、矢澤、羽生が動き回る。
1点で抑えられたのは奇跡ではない。コンサドーレに関わる「仲間」の「気迫」があったから。


コンサドーレを応援してちょうど10年。常にゴール裏の爆心地で声を出していたわけではない。
スタジアムで、チームが不振な時はマッタリ眺めていたことも多々ある。
岡山の加入で「選手とサポの一体化」が一歩進んだ。いまのコールリーダーが訴える内容やその姿勢には脱帽せざるを得ない。もしかして目指すところはエスパルスのようなきっちり統制が取れた体制なのか?組織化することでの積極的に応援する人、しない人の垣根を作ることの弊害があるとしても
ホームでもアウェイでもゴール裏が変わるのか?

自分のスタンスは変えるつもりはない。ただ何の見返りもないのにコンサドーレにかけている人たちを批判したり、行動を妨げたりしない。12/3の会場演出をみてそう想った。

チームに対して
監督が続投するようなので、大きな変化はないかもしれない。小さくてもいいから進化してほしい。
昨日、想うところがあり2008年の埼スタでのレッズ戦の録画を見返した。結果はともかく
クライトン 西谷 砂川が前にボールを持っていく姿勢が感じられた。そこにはテクニックがあってこそだがJ1を戦い抜くなかで大きなポイントではないだろうか。
櫛引 三上 そして古田。奈良はじめユースからの昇格組。彼らが成長し世代別代表でも
活躍できれば実現できるはす。

仙台 新潟 鹿島 柏 浦和 大宮 FC東京 川崎 横浜 磐田 清水
せめてこれらのアウェイゲームには駆けつけたい。いまから財布の紐を締めなければ。
by sakutaro9 | 2011-12-10 11:07 | コンサドーレ札幌